MENU

レクサプロを激安で通販できるサイトはこちら

レクサプロ,不自然薬

レクサプロから変薬技術

マルチな薬なんてありません、人の体は千差万別で、誰にでも運気というのがあるはずです。

 

レクサプロはシロウト向けの安全で効果のある薬ですが、ただしレクサプロの効果、副作用が身体に合わない場合は薬を切りかえる事も考えなければなりません。

 

ただし変更するにも、急に別の薬を呑みするというのも離脱異変が起きてしまう場合がありますのでやめておいた方がいいです。

 

抗うつ剤を入れ替えるのは複雑なのです。

 

前の薬からその働きが変わる結果、離脱異変を起こしてしまう場合がありますし、逆に迫る働きの薬だと合わさって、シナジーを起こしてしまう場合もあり、セロトニン動作が強くなりすぎるという副作用が起きてしまうのです。

 

そうしてそのスイッチしかたに関して、国内には戦法がないので、医者の先生を通じてなるはになってきます。

 

以下の3トレンドのスイッチしかたは飽くまで一例として参考にしていただければと思います。

 

①進行を守ってスイッチ
②かぶせてスイッチ
③あっという間にスイッチ

 

進行を守ってスイッチ

レクサプロ減量していって断薬行なう。

 

そうして身体から薬が抜けたら、次の抗うつ剤を始める進行を守ってのしかただ。

 

減量していく過程で離脱異変の確率がありますが、薬同士のシナジーによる副作用は起きないようにやるしかたになります。

 

かぶせてスイッチ

レクサプロを減らしていって、その間、次の抗うつ剤を少しずつ増やしていって始めて行くしかただ。

 

切り落としいてるパイ、新しいものを増やしているので、離脱異変に関しては、抗うつ剤がゼロの状態がないので起き辛いだ。ただ心配はあります。

 

そうして抜け切らないうちに次の薬を飲んでいる結果、シナジーでの副作用のリスクもあります。

 

これはレクサプロを減量して行く中で次の抗うつ剤を通じているので離脱異変は起きづらいかもしれませんが、心配はもちろん無くはないだ。

 

そうしてレクサプロが抜け下回る前に次の薬を飲んでいるので、薬のシナジーのリスクもあります。

 

ごっそりスイッチ

いきなりレクサプロを中止してから、間もなく次の日に真新しい抗うつ剤を通常の嵩から開始するしかただ。

 

離脱異変が起こり易いかどうかに関しては、これは次の新しい薬のカタチにて左右されます。

 

目新しい抗うつ剤も標準嵩からになりますので、その新しい薬の副作用も強く出てしまう危険性もあります。

 

明るいレクサプロからのスイッチしかた

ジェイゾロフト、パキシル→かぶせてスイッチ
じわじわレクサプロを切り落としながら、初々しい抗うつ薬を少量から増やしていく。

 

デプロメール、ルボックス→進行を守ってスイッチ
徐々にレクサプロを減らしてひとまず諦める。

 

ゼロになって降りる事ができたら、目新しい抗うつ剤を標準嵩から始める。

 

SNRI【サインバルタ、イフェクサーSR】→かぶせてスイッチ
少しずつレクサプロを減らして、少量で作る

 

リフレックス、レメロン→かぶせてスイッチ
少しずつレクサプロを減らして、少量でやる

 

三環系統抗うつ剤(アナフラニール以外)→かぶせてスイッチ
少しずつレクサプロを減らして、少量でする

 

アナフラニール→進行を守ってスイッチ
徐々にレクサプロを減らして辞める。後々、アナフラニール25mgからする

 

レクサプロはシロウトスペックなので、最初にレクサプロからやるほうが多いのは事例なのですが、そこから変更する場合は以上の仕事場を通して下さい。

 

勿論一番良いのは先生への話し合いのもと使用するのがバックアップではあります。

 

シロウトにも使いやすい、レクサプロは個人輸入代理HPから購入可能です!

 

レクサプロメインへ

このページの先頭へ